excel 埋め込みオブジェクト 開けない 9

で動作を確認したのですが、確認した範囲ではオブジェクトが正常に開けました。, ( pupupu7 さんと同じく .xlsx 形式のファイルに .xlsx the Macro? 形式のファイルを埋め込んで動作を確認しています), このスレッド内でまだ提案されていない切り分けとして [クリーンブート] excel ハイパーリンクのpdfが開けない(adobe rerder dc) 編集⇒環境設定⇒セキュリティ(拡張) の「起動時に保護モードを有効にする」 のチェックを外すことにより、埋め込みんだPDFを開くことができました。 Excel2016にしたところ、xlsx形式のファイルに埋め込んだexcelオブジェクトが開けなくなりました。, 以前は問題なく開けていましたが、「このオブジェクトの作成元アプリケーションを起動できません」となり開けません。, 同じファイルを他のPC(Excel2016)で開くと埋め込みオブジェクトは問題なく開けます。, なお、xls形式のファイルに埋め込まれたexcelオブジェクトは問題なく開けます。, 関係するか不明ですが、excelファイルに「アイコンで表示」でxlsxオブジェクトを挿入するとexcelオブジェクトと認識されません。, **モデレーター注** Word文書の中に埋め込んだExcelの表が開けない (too old to reply) bonzo 2004-08-28 07:33:58 UTC. Excel2010でPowerPivotアドインを追加した場合、Word文書に埋め込んだExcelは起動することができません。 [PowerPivot for Excel]アドインを無効にしなければ、埋め込んだExcelの編集はできません。 参考Excel2013の場合は、問題ありません。 現象の再現 Word2010を起動して、[挿入]タブにある[オブジェクト… 形式のファイルに埋め込んだ Excel オブジェクトが開けない状況でしょうか? Excel 埋め込みオブジェクト 開けない Excel 埋め込みオブジェクト 開けない. Malware authors are now using OLE embedding to deliver malicious files, フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。, このスレッドはロックされています。質問をフォローすることや役に立つと投票することはできますが、このスレッドに返信することはできません。, ファイルの実行にセキュリティ上のリスクがない場合のみ、この方法を使うようにしてください。, Where’s Malware authors are now using OLE embedding to deliver malicious files. 埋め込みオブジェクトにはソースファイルへのリンクがないため、元のデータを変更しても、オブジェクトは更新されません。 埋め込みオブジェクトを変更するには、オブジェクトをダブルクリックして、ソースプログラムで開いて編集します。 Excelで埋め込んだPDFを開くAcrobat7で作成したPDFを、Excelファイルに下記の操作で埋め込みました。Excel2003で、「挿入」「オブジェクト」「ファイルから」埋め込んだPDFをダブルクリックで開こうとすると、「このオブジェクトの作成元 と開けない PC がある場合 OS や Office のバージョンなどそれぞれの環境を書き込んでいただければと思います。, このスレッドはロックされています。質問をフォローすることや役に立つと投票することはできますが、このスレッドに返信することはできません。. で常駐アプリケーションを一時的に停止し、その状態でオブジェクトが開けるか確認してみてはいかがでしょうか。, (常駐アプリケーションが Excel の動作に影響していないか切り分け・あとで元の設定に戻してください), また、このスレッドで Makapu さんがコメントされているように、オブジェクトが開ける PC また、スレッド内で案内されている切り分けや対処方法は実施済みで変化がないのですね。, 手元の環境の Windows 10・Excel 2016 (バージョン 16.0.8431.2046) word2016で埋め込みオブジェクトを開こうとすると、「Microsoft wordのセキュリティに関する通知」が出て、メッセージ内容が「セキュリティを保持するため、次の埋め込みオブジェクトへのアクセスをブロックしました。」これの下にファイル名が表示されます。, その後 Word の埋め込みオブジェクトが開けない件について参考になりそうな情報が見つかりました。, Office で .exe ファイルが開けないのは通常の動作で、開けるようにするためにはレジストリの編集が必要になるようです。, Word 2016 の場合は次のレジストリ キーに PackagerPrompt を作成し、 0 または 1 に設定すると埋め込みファイルを実行できましたので、よろしければお試しください。, HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Word\Security, また、レジストリの編集は予期しない動作が起こる可能性があるため事前に [システムの復元ポイント] Office で .exe ファイルが開けないのは通常の動作で、開けるようにするためにはレジストリの編集が必要になるようです。. (z0z_) をクリックし、[ Excel のオプション] をクリックして、[詳細設定] カテゴリをクリックします。, [次のブックを計算するとき] で、[他のドキュメントへのリンクを更新する] チェックボックスがオンになっていることを確認します。, 注: リンクされたデータが作業中のファイルにない場合、[リンクの編集] は使用できません。, Excel を使用しているときに、他のプログラムからリンクまたは埋め込まれたコンテンツを変更することができます。, [ソースファイル] リストで、 _ z0z_のソースをクリックし、[ソースを開く] をクリックします。, 開いているプログラム内の場所でオブジェクトを編集している場合は、オブジェクトの外側の任意の場所をクリックして、必要なz0z_に戻ります。, ソースプログラムの埋め込みオブジェクトを別のウィンドウで編集した場合は、元のプログラムを終了してリンク先のファイルに戻すことができます。, 注: ビデオやサウンドクリップなどの一部の埋め込みオブジェクトをダブルクリックすると、プログラムを開くのではなく、オブジェクトが再生されます。 これらの埋め込みオブジェクトの1つを編集するには、アイコンまたはオブジェクトを右クリックし、[オブジェクトの種類]オブジェクト(たとえば、[メディアクリップオブジェクト]) をポイントして、[編集] をクリックします。, 埋め込みオブジェクトをリストで指定した種類に変換するには、[変換先] をクリックします。, 埋め込みオブジェクトの種類を変更せずに、リストで指定した種類として埋め込みオブジェクトを開くには、[アクティブ化] をクリックします。, CTRL キーを押しながら G キーを押して、 [ジャンプ] ダイアログボックスを表示します。, [特殊文字] をクリックし、[オブジェクト] を選択して、[ OK]をクリックします。, [オブジェクト] または [グラフオブジェクト] をポイントし、[編集] をクリックします。, ソースプログラムが利用可能になっていることを確認する     ソースプログラムがコンピューターにインストールされていない場合は、インストールされているプログラムのファイル形式にオブジェクトを変換します。, メモリが十分であることを確認する     ソースプログラムを実行するのに十分なメモリがあることを確認してください。 必要に応じて、他のプログラムを閉じてメモリを解放します。, すべてのダイアログボックスを閉じる     ソースプログラムが実行中の場合は、開いているダイアログボックスがないことを確認してください。 ソースプログラムに切り替えて、開いているダイアログボックスをすべて閉じます。, ソースファイルを閉じる     ソースファイルがリンクオブジェクトの場合は、他のユーザーがそれを開いていないことを確認してください。, ソースファイルの名前が変更されていないことを確認する     編集するソースファイルがリンクオブジェクトである場合は、リンクを作成したときと同じ名前が、移動されていないことを確認してください。 リンクオブジェクトを選択し、[データ] タブの [接続] グループで [リンクの編集] をクリックして、ソースファイルの名前を表示します。 ソースファイルの名前が変更されている場合、または移動した場合は、[リンクの編集] ダイアログボックスで [ソースの変更] ボタンを使用して、リンク元のファイルを探してリンクを再接続します。, Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。. この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。 この記事にたどり着いた方は、次のどちらかではないでしょうか? 画像や図形が密集したり重なっていて、うまく選択できない 「オブジェクトの選択」機能で … Excel2016にしたところ、xlsx形式のファイルに埋め込んだexcelオブジェクトが開けなくなりました。 以前は問題なく開けていましたが、「このオブジェクトの作成元アプリケーションを起動できません」となり開けません。 同じファイルを他のPC(Excel2016)で開くと埋め込みオブジェクト … Main menu. を作成しておくことをおすすめします。, ・パッケージャーオブジェクトの実行時にメッセージを表示する 2007 Office the Macro? プログラムを構成するのには、レジストリを使用する方法, ・Where’s みなさん、こんにちは。 その後 Word の埋め込みオブジェクトが開けない件について参考になりそうな情報が見つかりました。. この質問は [Office | Excel | Windows その他 | Office 365 for business] のカテゴリに投稿されましたが、内容から判断しこちらのカテゴリに移動いたしました。適切なカテゴリに投稿すると、返信や回答が得られやすくなり、同じ質問を持つ他のユーザーの参考にもなります。, 以下のページを参考にExcelをセーフモードで起動して、セーフモードで問題が無い場合は問題となっているアドインを無効にします。, Office が起動しない ・ 動作が停止する場合に、アドインに要因があるか調べる方法, (※Excel 2010 となっておりますが、Excel 2016 でも同じ方法で確認出来ます。), ■ Officeのアンインストールがコントロールパネルからのものであれば、Easy Fixツールを使用してOfficeを完全にアンインストールしてから再インストールする。, フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。, アンインストールはEasy Fixツールを使用しておりますが、インストール後は同様の結果でした。, 教えていただいたEasy Fixツールを使用して完全アンインストール→インストールなど実施してみましたが、, Excelに限らず、新形式(docx、xlsx、pptx形式)のファイルに添付されたexcelオブジェクトが開けないようです。, それぞれ表示されるダイアログは異なりますが、いずれにしてもオブジェクトは開けません。, ・Excel 2016 で 新規に xlsx形式 のファイルを作り、それを xlsx形式のシートに埋め込んだ場合も同じでしょうか?, ・xlsx形式のファイルを直接ダブルクリックした場合には開けるでしょうか?(拡張子の関連付けの問題?), ・開けるPCと開けないPCの違いを確認する(Windows のバージョン、Officeのバージョン、セキュリティソフトなど), 新規のxlxsファイルにxlxsオブジェクトを埋め込もうするとパッケージャーとして認識されてしまいます。そのまま埋め込むことで開くことはできます(別途Excelが起動)。, 仕事上、オブジェクトが埋め込まれたファイルのやり取りが多いので、pupupu7さんの, YUSASAKI さん、マイクロソフト コミュニティをご利用いただき、ありがとうございます。. Search. Permalink. Windows10でExcelファイルが開かない場合の9つの対処法と操作手順を解説します。Windows10でExcelファイルが開かない場合は、まずファイルがエクセルに関連付けされているか確認しましょう。またエクセルの修復セットアップも試してみましょう。 注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。, オブジェクトのリンクと埋め込み (OLE) を使用して、Word や Excel などの他のプログラムのコンテンツを含めることができます。, OLE は多くの異なるプログラムでサポートされています。 OLE は、1つのプログラムで作成されたコンテンツを別のプログラムで使用できるようにするために使用されます。 たとえば、office Excel ブックに Office Word 文書を挿入することができます。 挿入できるコンテンツの種類を確認するには、[挿入] タブの [テキスト] グループで [オブジェクト] をクリックします。 コンピューターにインストールされていて、OLE オブジェクトをサポートしているプログラムのみが [オブジェクトの種類] ボックスに表示されます。, Word などの OLE をサポートしている Excel またはいずれかのプログラム間で情報をコピーする場合は、情報を1つのz0z_または _ z1z_としてコピーできます。 リンクオブジェクトと埋め込みオブジェクトの主な違いは、データが保存されている場所と、 _ z0z_に配置した後にオブジェクトがどのように更新されるかという点です。 埋め込みオブジェクトは、挿入されたブックに保存され、更新されません。 リンクされたオブジェクトは、個別のファイルとして保持され、更新することができます。, _ Z1z_のデータが変更されたときに、ユーザーのz0z_の情報を更新するには、リンクオブジェクトを使います。, リンクオブジェクトの場合、元の情報はソースファイルに保存されたままになります。 リンク先のファイルには、リンクされた情報の表示が表示されますが、元のデータの場所だけが保存されます (オブジェクトが Excel グラフオブジェクトの場合は、サイズも保存されます)。 元のデータへのリンクを維持するには、ソースファイルをコンピューターまたはネットワークで利用できる状態にしておく必要があります。, ソースファイル内の元のデータを変更すると、リンクされた情報が自動的に更新されます。 たとえば、Word 文書内の段落を選択して、その段落を Excel ブックにリンクされたオブジェクトとして貼り付ける場合、Word 文書の情報を変更すると、Excel で情報を更新することができます。, コピーしたデータがソースファイルで変更されたときに更新しない場合は、埋め込みオブジェクトを使用します。 ソースのバージョンがブックに完全に埋め込まれます。 埋め込みオブジェクトとして情報をコピーした場合、リンク先のファイルには、情報をリンクする場合よりも多くのディスク領域が必要です。, ユーザーが別のコンピューターでファイルを開くと、元のデータにアクセスすることなく埋め込みオブジェクトを表示できます。 埋め込みオブジェクトにはソースファイルへのリンクがないため、元のデータを変更しても、オブジェクトは更新されません。 埋め込みオブジェクトを変更するには、オブジェクトをダブルクリックして、ソースプログラムで開いて編集します。 ソースプログラム (またはオブジェクトを編集できる別のプログラム) がコンピューターにインストールされている必要があります。, [Z2z_] または [_ z1z_] のいずれかのマークを、[ z2z_ ] またはアイコンとまったく同じように表示できます。 ブックをオンラインで表示し、ブックを印刷しない場合は、オブジェクトをアイコンとして表示することができます。 これにより、オブジェクトが占める表示スペースの量を最小限に抑えることができます。 情報を表示する閲覧者は、アイコンをダブルクリックします。, [オブジェクト] ダイアログボックスで、[ファイルから作成] タブをクリックします。, ファイルの内容を表示する代わりに、スプレッドシートにアイコンを挿入する場合は、[アイコンで表示] チェック ボックスをオンにします。 すべてのチェック ボックスをオンにしない場合、Excel にはファイルの最初のページが表示されます。 どちらの場合も、ダブルクリックで完全なファイルが開きます。 [OK] をクリックします。, 注: アイコンまたはファイルを追加した後は、ワークシート上の任意の場所にドラッグ アンド ドロップすることができます。 サイズ変更ハンドルを使用して、アイコンまたはファイルのサイズを変更することもできます。 ハンドルを見つけるには、ファイルまたはアイコンを一度クリックします。, 完全に埋め込むのではなく、オブジェクトへのリンクのみを追加する必要がある場合があります。 追加するブックとオブジェクトが両方 SharePoint サイト、共有ネットワーク ドライブまたは同様の場所に保存されていて、ファイルが同じ場所に保持されている場合は、この操作を行うことができます。 リンクは常に最新のドキュメントを開くため、これはリンクされたオブジェクトが変更された場合に便利です。, 注: リンクされたファイルを別の場所に移動すると、そのリンクは機能しなくなります。, [ファイルへのリンク] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。, ブックを終了せずに、別のプログラムに基づくまったく新しいオブジェクトを作成することができます。 たとえば、グラフや表に詳細な説明を追加する場合は、Excel で Word や PowerPoint ファイルなどの埋め込みドキュメントを作成できます。 オブジェクトをワークシートに直接表示されるように設定するか、ファイルを開くアイコンを追加するかのいずれかを行うことができます。, [新規作成] タブで、表示されるリストから挿入するオブジェクトの種類を選択します。 オブジェクト自体ではなく、スプレッドシートにアイコンを挿入する場合は、[アイコンで表示] チェック ボックスをオンにします。, [OK] をクリックします。 挿入しているファイルの種類によって、新しいプログラム ウィンドウが開くか、Excel 内に編集ウィンドウが表示されるかのいずれかになります。, 完了したときに、Excel でオブジェクトを作成した新しいプログラム ウィンドウが開かれた場合、そのウィンドウ内で直接操作を行うことができます。, ウィンドウでの作業が完了したら、埋め込みオブジェクトを保存せずに、その他のタスクを行うことができます。 ブックを閉じると、新しいオブジェクトは自動的に保存されます。, 注: オブジェクトを追加した後は、Excel ワークシート上の任意の場所にドラッグ アンド ドロップすることができます。 サイズ変更ハンドルを使用して、オブジェクトのサイズを変更することもできます。 ハンドルを見つけるには、オブジェクトを一度クリックします。, 他のプログラムからコンテンツのすべてまたは一部をリンクしたり埋め込んだりすることができます。, [ファイル名] ボックスにファイルの名前を入力するか、[参照] をクリックして一覧から選択します。, アイコンを表示するには、[アイコンで表示] チェックボックスをオンにします。 必要に応じて、既定のアイコンの画像またはラベルを変更するには、[アイコンの変更] をクリックし、[アイコン] の一覧から目的のアイコンをクリックするか、[図表番号] ボックスにラベルを入力します。, 注: [オブジェクト] コマンドを使用して、グラフィックや特定の種類のファイルを挿入することはできません。 グラフィックまたはファイルを挿入するには、[挿入] タブの [図] グループで [図] をクリックします。, ドキュメントがまだ存在しない場合は、[新規作成] タブをクリックします。 [オブジェクトの種類] ボックスで、作成するオブジェクトの種類をクリックします。, 文書が既に存在する場合は、[ファイルから作成] タブをクリックします。 [ファイル名] ボックスにファイルの名前を入力するか、[参照] をクリックして一覧から選択します。, アイコンを表示するには、[アイコンで表示] チェックボックスをオンにします。 既定のアイコンの画像またはラベルを変更するには、[アイコンの変更] をクリックし、[アイコン] の一覧から目的のアイコンをクリックするか、[図表番号] ボックスにラベルを入力します。, Excel 以外のプログラムから、リンクまたはz0z_としてコピーする情報を選択します。, [ホーム] タブの [クリップボード] で、[貼り付け] の下にある矢印をクリックし、[形式を選択して貼り付け] をクリックします。, リンクオブジェクトとして情報を貼り付けるには、[リンク貼り付け] をクリックします。, 埋め込みオブジェクトとして情報を貼り付けるには、[貼り付け] をクリックします。 [宛先 ] ボックスで、名前に "object" という単語が含まれる項目をクリックします。 たとえば、Word 文書から情報をコピーした場合は、[ Microsoft Word 文書オブジェクト] をクリックします。, アイコンまたはオブジェクトを右クリックし、[オブジェクトの種類] オブジェクト(たとえば、[ドキュメントオブジェクト]) をポイントして、[変換] をクリックします。, アイコンを表示するには、[アイコンで表示] チェックボックスをオンにします。 必要に応じて、既定のアイコンの画像またはラベルを変更できます。 この操作を行うには、[アイコンの変更] をクリックし、[アイコン] の一覧から目的のアイコンをクリックするか、[図表番号] ボックスにラベルを入力します。, 他のプログラムへのリンクを設定するには、次の方法があります。この場合、[ z0z_] を開いたときに、自動的に更新されます。手動で、 _ z1z_からの新しいデータで更新する前に、以前のデータを表示する必要があります。または、自動更新または手動更新が有効になっているかどうかに関係なく、特に更新を要求した場合。, 注: ファイルに他のファイルへのリンクが含まれていない場合、[リンクの編集] コマンドは使用できません。, [リンク元] ボックスの一覧で、更新するリンク オブジェクトをクリックします。 [更新] 列のAは、リンクが自動的に設定されていることを意味し、[更新] 列の [ M ] は、リンクが [手動更新] に設定されていることを意味します。, ヒント: 複数のリンク オブジェクトを選択するには、Ctrl キーを押しながら各オブジェクトをクリックします。 すべてのリンクオブジェクトを選択するには、CTRL キーを押しながら A キーを押します。, [値の更新] をクリックしたときにのみリンクオブジェクトを更新するには、[手動] をクリックします。, [リンク元] ボックスの一覧で、更新するリンク オブジェクトをクリックします。 [更新] 列のAは、リンクが自動的に更新されることを意味し、[更新] 列の [ M ] は、リンクを手動で更新する必要があることを意味します。, 自動オプションを無効にするには、[他のドキュメントへのリンクを更新する] Excel オプションを使用します。, OLE オブジェクトへの自動リンクが自動的に更新されるようにするには、次の操作を行います。, Microsoft Office ボタン

ハイゼットカーゴ 配線 引き込み 27, 給湯器 お湯が出ない エラーなし 12, 陸上 電気 計時 5, 芸能人 整形 崩れ 13, Kinto Cm 撮影場所 11, 50 プリウス 配線引き込み 6, シムズ4 重い 対策 Ps4 19, 会議資料 次第 テンプレート 5, ソニー損保 流産 手術 13, ハンティング ワールド 表面 ボロボロ 4, 入札 参加 お礼 8, フォートナイト 金庫 開け方 4, Pso2 後継クラス 予想 13, ダンロップ ルマン5 寿命 5, Vio 脱毛器 ランキング 11, Mfc J6983cdw リセット 4, 田中圭 ブログ 平野紫耀 4, 脚立 レンタル 宮崎 4, ディアマンテス オリオンビール Cm 5, Final Cut Pro 無料 Windows 4, パワプロ 再現選手 Mlb 49, ラーニング ナビ 購入 7, どうぶつの森amiiboカード 第4弾 販売 店 20,