アニメ 日本の文化 恥ずかしい 6

地上波の1局が断念しただけで、内容は普通の風/俗だろ。俺は行ったことないけど、みんな行ってんだろ?どうってことない内容だよ。, 正直本当のエロアニメはレ○プ脅迫洗脳近親とか暴力的な内容が多いから、エロアニメとしたって、健全な部類のエロアニメだよな, あんな変態アニメを地上波や海外に配信するとか制作会社・テレビ局は何を考えてるんだよ, 予告動画が上がったときに圧力で潰されることを心配してコメントしたが、まさか本当に潰されるとは思わなんだ。, 表現の自由は「国に規制されない」ってだけで、民間企業がデメリットを感じて自主規制すんのは自由だから、表現の自由云々は関係ないぞ, BS11での作品紹介のやつで見なくてもやばそうなないようだなって思ってみていなかった。やっぱりなのか。, この騒動を眺めてると、江戸時代に過激にやりすぎてお取り潰しになった春画絵師と版元と幕府のいたちごっこはさぞ江戸っ子にとっては面白かっただろうなって思う, 多分だけど、あくまでも人間じゃないクリーチャーだからって言い訳で企画が通ったんじゃないかな?だとすると裸出歯鼠もとばっちりでヤバイかな?, こういうときには替わりに 「テレビショッピング」 をやりそうなものだが、この時制に 「楽園クルーズ」 とはささやかな反抗か。, BPOがNG出したとかじゃなく一社がリスク回避で自主的に放送やめただけだから大騒ぎするようなことじゃない, ヒロアカの丸太騒動と言いこれと言い、業界内の成り済まし日本人が自作自演でアニメや漫画を潰しに来てるんじゃないか?(異種族は原作者側はともかく、角〇は結構黒いと思う), 異種族レビュアーズが唯の量産エロアニメじゃないのは、ファン層に女子も普通にいるって点ではっきり分かるんだね。むしろ外人ユーチューバーの反応とか見ても、男の方が期待したほどエロくないからってつまらなそうな顔してたりするくらい。, ただの下品なエロ全ぶりアニメや萌え系は嫌いだけどこれは中身が面白いから許して、じゃ通じない領域部分は確かにあるw 許可した連中もこれほどとは思ってなかったんじゃないかな。ここでもアホが日本のアニメはこんなのばかりとか言ってるけどバトルものシリアスもの硬派寄りもあるし海外人気が高いのはむしろそっちでしょ。これ系がここまで海外で話題になるのも珍しいのでは?まあ性別が変わって行為するだのまでいってる作品だから国によりあらゆる問題視はされるだろうね。アニメがどこかで続く限りは応援はしたい, 誰かの萌えは誰かの萎え、誰かの萎えは誰かの萌えを徹底してるので、バカバカしいけど嫌いではない, 海外「日本に行くよぉ!」他国より日本は物価が安く生活の質が高いという事実に海外が仰天. 今までアニメというと「子供向けの作品が中心であり、大人が真剣に観るものではない」という認識を持たれがちでした。しかし、日本のアニメがそんなイメージを打破するような作品を作り続けてきたことにより、現在では子供から大人まで幅広い層に愛される存在にまでなりました。 映画『君の名は。 そして、本格的な日本最初のカラーテレビアニメ『ジャングル大帝』(1965年)は、アメリカ合衆国での放送を前提に資本が集められて実現した。, カラーによるテレビアニメは、制作費がかかることと、カラーの受像機が普及していなかった事情から、この後も数年間は新作はカラーと白黒の作品が混在していた。ただしこれはアニメに限った話ではなく、この時代、他の多くの番組も同様にカラーと白黒が混在していた。, 楠部大吉郎によるとテレビアニメはカラー化によって制作費が大幅にアップしたそうである。モノクロの時は30分240万-250万だった所がカラーで540万になった。楠部によれば歴史的にいって日本のテレビアニメの制作費がこれほど上がったのはカラー化の時だけである[24]。, 当初、アニメは日本では子供達の間で特に人気があった。大人達はそれまでに見慣れていた時代劇やホームドラマのようなものに関心が高く、アニメには余り興味を示さなかった。そして初期に作られたアニメで成功した作品はほとんどが子供向きのものであった。この事情から、1960年代から1970年代にかけて制作されたアニメはほとんどが子供、特に12歳以下を対象とした内容であった。キャラクターグッズを欲しがる年齢層もこの年齢層に重なっていたため、アニメ制作会社にとってもこれは好都合であった。, このように、初めてのテレビアニメが制作されてからの約10年間は、良くも悪くもアニメは『鉄腕アトム』に多くの影響を受けていた。現在の日本のアニメは原作を持つ作品が多いが、これは黎明期のテレビアニメに原作付きの物が多かったという例に倣った結果と言える。, テレビアニメは大人気となり、大量のプロダクションが生まれ、作品数も飛躍的に増加したがその結果、アニメーターの数が不足した。多くのプロダクションは美術系大学の卒業生などを集めたがそれでも足りなかった。優秀なアニメーターの引き抜きが恒常的に行われるようになり、アニメーターの人件費はみるみる内に高騰した。反面、テレビ局の製作費はそれほどは増えなかった。, それまでほとんどのアニメ制作プロダクションは内製システムを採っていた。キャラクター設定から原画・動画・動画チェック・彩色・撮影など、全ての工程を社内で行うことによって、作品の品質を保てていた。外注は1963年には既に存在したが、恒常的には行われていなかった。しかし、1971年から東映動画は主だった工程のみを自社内で行い、動画・彩色などの比較的単純な工程については外注や出来高払いに移行をし始め、実質的な人員整理を開始した。これに対しては組合側が激しく反発したが、経営側は応じず、1972年、指名解雇が始まる。経営側は組合側の反発にロックアウトを行って応酬した。経営側が強硬だったのは、赤字が嵩み、人件費の削減が行えない限り、会社の存続が困難だったためだと言われている。, 一方、虫プロダクションでは1973年に労働争議が起き、解決しないまま倒産した。社長の手塚治虫は虫プロ設立当時「僕は何かあったら労組の先頭に立って一番に会社を糾弾する」と冗談を言っていたことがある。, 内製システムを採っていた大手2社でこのような事態になり、同じく内製システムだったタツノコプロも1970年代半ばに賃金問題と社長の死去で、70名から80名の有力な人材が流出して結果的にリストラを行ったことと同じ状態になった。これらの事件を切っ掛けに、ほとんどのプロダクションは多くの作業を外注に頼るようになり、また、以後、アニメーターの給与は極めて低く抑えられるようになった[25]。例えば、虫プロダクション出身者によって設立された日本サンライズは、虫プロダクションを教訓に、制作管理スタッフだけを正社員として発足した。この状況は現在も続いている。1980年代後半以降、動画・彩色という低賃金の工程はほとんどが東アジアで行われるようになり、アニメ制作の空洞化が指摘されている(なお東映動画は海外発注を1973年に開始している)。, コンピュータグラフィックス (CG) の利用は、1960年代から始まり、アメリカでは映画『2001年宇宙の旅』にも参加したジョン・ウィットニー(John Witney)が先駆者として評価され、1961年に『カタログ(Catalog)』を制作。日本でも、1967年11月に第1回草月実験映画祭において、山田学と月尾嘉男によるコンピュータ制御のプロッタで描画したアニメ『風雅の技法』を発表。日本初のCGアニメと目されている。黎明期のCGは表現力の乏しさから抽象的なアートアニメーション、計算に基づいたシミュレーションに用いられた。初期のコンピュータゲームも図形的なデザインによる、リアルタイムで生成されるアニメーションと見ることができる。, 商業的な娯楽作品にCGを大々的に用いる切っ掛けとなったのは、1982年のディズニー制作のアメリカ映画『TRON』の登場が大きい。その影響からか、日本でもコンピュータを部分的に用いたアニメが登場するようになる。1983年には映画『ゴルゴ13』とテレビアニメ『子鹿物語』、1984年には映画『SF新世紀レンズマン』『超人ロック』などが制作された。これら1980年代前半の作品は話題性や新奇性による宣伝効果狙いを含んだ、実験的なものであった。, 従来のアニメは長い間、紙に描いた線画をセルと呼ばれる透明なシートに転写し、それを手作業で着色した上で、順番に取り替えながら撮影する制作方式だった。これは人海戦術的な方式でありながら技術も必要であり、その放送時間と比較して大変な労力を要した。CGもしばらくは特殊効果としての補助的な使用中心だったが、技術革新となったのは1990年代後半頃からのセルの廃止や3D-CGである。セルの廃止は、原画を従来通り人間が手描きし、それをコンピュータに取り込んで以降の過程をコンピュータ上で処理する。着色はデジタル彩色となり、使用可能な色数はそれまでのアニメ専用絵具(アニメカラー)の80色程度から一気に1600万色となった。3D-CGは原画段階から3Dモデリングを元にコンピュータが作画を行う。基本的に紙への作画はしないので、手書きとは質感が異なるものの、立体物などがリアルに表現できる。これらにより、フィルムでの撮影や編集もコンピューター上での作業に移行することになった。, ディズニーとピクサーは共同で、CGアニメ制作用システム、コンピュータ・アニメイテッド・プロダクション・システム (CAPS) を開発した。CAPSは、1989年の『リトル・マーメイド』で試験的に最後の一部に用いられ、続く1990年に公開された『ビアンカの大冒険』で全面的に採用となった。1991年には『美女と野獣』、1992年には『アラジン』にも用いられ、興行的にも成功を収めた。セルアニメーションで培われた技法と、CG独自のカメラワークや表現を違和感なくを調和させて、1992年にはアカデミー賞の最優秀科学技術賞を獲得した。さらに1995年にはピクサーが制作した3D-CGによる『トイ・ストーリー』が大成功を収める。フルCG映画の登場によりCGの話題性や新奇性は薄れ、CGは単なるアニメ制作の手法の一つとして定着していった。, 日本でも1995年に最初の3D-CG連続テレビアニメ『ビット・ザ・キューピッド』が放送開始された。新作アニメはセル非使用前提で開始されるようになり、セルの需要が減少したため、1997年に富士写真フイルムは利益の少ないセルの生産を停止、それを期に東映動画はほぼ全作品でセル非使用に切り替えた。2002年には旧来の長寿アニメの大半もセル非使用に切り替わった。『忍たま乱太郎』が4月放送から、『クレヨンしんちゃん』が5月放送から(例外あり)、『名探偵コナン』が6月放送から、『ドラえもん』が10月放送からなどである。『おじゃる丸』、『ポケットモンスター』、『ちびまる子ちゃん』も同年に切り替わっている。そして2013年には『サザエさん』もセル非使用に切り替わり、セルアニメは実質消滅した。, 現在ではトゥーンレンダリングなどの開発により、手書きの質感を3D-CGで表現する試みも進んでいる。それ以外でもコンピュータの利用は進み、ペンタブレットによる作画工程からのデジタル化や、デジタル通信ネットワークの利用による分業(日本国外などの下請けスタジオまで原画データをデジタル通信で送り、完成したデータもデジタル通信で受けとる)も行われている。, 1980年代になり廉価な家庭用ビデオデッキが量産され始めるとOVAが登場した。これは劇場用映画でもなければ、テレビ放送もされないアニメの総称で、主にビデオソフトの形で販売された。最初のOVAは『ダロス』(1983年)で、この後も続々と新作が発売され、現在では日本アニメの柱の1つになっている。OVAは、作品そのものを購入できるような収入を持つ独身男性を主要購買層に定めた作品が多く、それらを対象にしたアニメは自然とOVAで発表されることが増え、結果的に、低年齢層・家族向けにはテレビアニメ、高年齢層向けにはOVAという流通形態に分化することとなった。, その後、高年齢層向けの作品を高年齢層向けの時間帯に放送し、その宣伝効果でビデオソフトやキャラクター商品を売り上げ、制作資金を回収する方法が確立された。これにより、高年齢層向けの作品のテレビアニメも増えてきた。これらの作品は深夜帯や独立UHF局、アニメ専門のケーブルテレビ局で先行放送した直後にビデオソフト化し、話題になっているうちに販売するという販売戦略が採られている。この形態での放送・ソフト化が広まり、現在では狭義のOVAは衰退し、高年齢層向けの作品が加わる形でテレビアニメの対象年齢層が拡大している。, 要因としては少子化による玩具の売り上げ低下で玩具メーカーがスポンサーから撤退しゴールデンタイムのテレビアニメ放送が難しくなってきたこと、1995年の『新世紀エヴァンゲリオン』の大成功、1997年頃に実用化されたコンピュータ彩色による制作費の低下・制作期間の短縮化、複数の企業が制作費を出し合う製作委員会方式によって制作費の調達が容易になったこと、テレビアニメのビデオソフト化で制作費を賄う仕組みができたこと、そして地上波の深夜放送枠、ケーブルテレビ局、WOWOWノンスクランブル枠、独立UHF放送局、CS放送、BSデジタル放送といった新たな放送枠が開拓されたことが挙げられている。, 1977年から、文化庁は毎年数作品の「こども向けテレビ用優秀映画」を選定し、テレビアニメに製作援助金を交付する制度を開始した。1998年には一般向け作品を含む「文化庁優秀映画作品賞」に統合された。, 2004年5月、アニメや漫画など日本のソフト産業の保護・育成に官民一体で取り組む為の「コンテンツ促進法」[26]の法案が自民党、公明党および民主党の3党共同で提出され、法案審議は全会一致で可決している[27]。その後、2020年1月までに2度の改正が行われているものの、現行法として機能し続けている[28]。, 日本では1990年代後半から深夜帯の青年向けアニメが広まり始めた。1998年頃から特定の層に需要を見込んだ深夜アニメの採算性が注目されるようになり、テレビアニメの放送形態として一般化していった。この動きには、1990年代に製作委員会方式がアニメでも採用されだしたことが一因であると言われる。, 2000年代半ば頃には少子化で子供向けアニメの需要が低下する中、アニメファン向けの映像ソフトなどの販売や世界展開などを見込んで製作側が時間帯を買い取るという形での深夜アニメが数多く作られ、アニメバブルとも形容された。その結果、2006年には全日帯のアニメ製作分数と深夜帯のアニメ製作分数がほぼ互角となるほどにまで深夜アニメが広がることとなった。また製作本数の観点では、2006年には深夜帯アニメが全日枠アニメを越えていると分析しているものもある。, 放送数には地域によって差が見られ、2012年には独立局で放送の深夜アニメを含めると最多の東京都(および、近県のTOKYO MXが視聴可能な地域)では145本が放送されたのに対し、地方を中心に全く放送されなかった地域もある。, しかし、インターネットや衛星放送により地方での格差は是正されている傾向にあり、各種動画サイトやBS11では積極的に深夜アニメの放送、配信を行っている。特に『魔法少女まどか☆マギカ』(2011年)は地方での地上波放送が無かったにも関わらずネットなどの口コミにより深夜アニメとしては異例の高視聴率、続く劇場版では深夜アニメ映画で初めて興行収入で20億円を突破するなど深夜アニメの大衆化が進んでいる。『進撃の巨人』(2013年)などもキー局ではない深夜放送だが、コミックの売上が2013年上半期総合1位になった他、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどにもアトラクションが設置されている。主題歌も月間カラオケランキングで総合1位になり、CDも売れ、NHK紅白歌合戦に出場している。『ラブライブ!』(2013年)も興行収入20億円を超え、紅白歌合戦に出場している。, 1953年にテレビ放送が開始されるまで、アニメ作品を鑑賞するには、短編のアニメ映画が添え物として上映されるのを映画館で見るのが主流であり、アニメと言えばアニメ映画以外に存在しなかった。1917年に当時続々と輸入されていた日本国外の短編アニメが人気を呼んだのを受けて、日本で商業アニメが制作されるようになる。その後もディズニーなど輸入されたアニメとの競争にさらされながら、小規模なスタジオで制作されていた。大正末期から昭和初期にかけては人気漫画をアニメ化するなどしたが、映画がトーキー化すると制作費が高騰し、興行主は同じ値段なら見劣りがする日本産より質が高いアメリカのアニメを選ぶようになり、第二次世界大戦前の日本で人気を呼んだアニメはアメリカのアニメだった。, 第二次世界大戦が始まると(実際には開戦よりも前からである)こうした状況は一変し、アメリカ映画は輸入禁止となり、さらに軍に協力する形で資本が投入され、それまで大量に使えなかったセル画や大量の人材を投入したアニメ映画が制作されるようになる。こうして日本で初めて長編アニメが作られ始め、長編の戦意高揚アニメ『桃太郎の海鷲』(1942年)や、その姉妹編の『桃太郎 海の神兵』(1945年)などが生まれた。中でも『桃太郎 海の神兵』はディズニーの『ファンタジア』の影響もあり、戦前のアニメーション映画における集大成と言われるほど優れた技巧が見られる作品であった。, 終戦直後も、細々とながら短編アニメ映画は製作され続けていた。この時代の代表作に『すて猫トラちゃん』(1947年)がある。終戦後の本格長編アニメ映画は、前述した東映動画のカラー映画『白蛇伝』(1958年)に始まるが、1963年に『鉄腕アトム』がテレビ放映されるとその影響はすぐに現れ、長編アニメ映画を制作していた東映動画も同年に『狼少年ケン』でテレビアニメに進出。その後、ノウハウを積み重ねて、それまでフル・アニメーションでアニメ映画を作っていた東映動画がテレビアニメのノウハウを取り入れたB作と呼ばれる『サイボーグ009』を1966年に制作し、この後は、映画の世界でもリミテッドアニメは珍しくなくなった。1960年代は、アニメーション映画はほぼ東映動画と映画『鉄腕アトム』を創った虫プロダクションだけの時代が続いた。ただし、東映動画の長編作品は年に1 - 2本程度、虫プロダクションの制作頻度はそれよりも遅く、当時、莫大な数の邦画が作られていたことから考えると、アニメーション映画はほとんど作られていなかったと言っていい。, 1970年代に入ると、他社の参入によりアニメ映画の本数は増加するが、テレビアニメを単に再編集したものが多かった。しかしビデオデッキが全く普及していない時代であり、熱心な愛好者は、テレビの名場面が再び劇場の大スクリーンで見られるというだけで、喜んで劇場まで足を運んだ。比較的有名な再編集アニメ映画には、『宇宙戦艦ヤマト』(1977年)がある。同作品と翌年公開された『さらば宇宙戦艦ヤマト-愛の戦士たち-』は大成功を収め社会現象となった。この成功でアニメが一般社会に認められることとなり、この後に日本でアニメーション映画が多数作られる切っ掛けにもなった。, 1980年代は再編集アニメに加え、『AKIRA』など、新作映画も多く作られた。この他、東映まんがまつりに代表される、テレビアニメでの人気作の新作を映画にし、数本立てで上映する形態が恒常化した。これなどの作品はアニメ愛好者よりは子供を中心とした家族を狙った作品が多い。1990年代から成功を続けている宮崎駿作品の『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』などが登場したのもこの時代である。『ドラえもん』の劇場用長編も公開が始まっている。, 1990年代のアニメーション映画は、本数は増加したが、高年齢層を狙った作品は少なく、児童・家族向けの作品が多かった。アニメ映画は観客の層が偏り、資本の回収が困難なことが多く、また、高年齢層のアニメ愛好者は劇場に足を運ぶよりは自宅でビデオで繰り返し見るほうを好んだため、製作側が自然とテレビアニメやOVAを重点に置き始めたためだと考えられる。また、テレビアニメの映画化が非常に多いのがこの時代の特徴である。1990年代はアニメーション映画はほぼ毎年日本映画の興行成績の上位に位置しており、1989年の『魔女の宅急便』を始めとして、1991年は『おもひでぽろぽろ』、1992年は『紅の豚』、1994年は『平成狸合戦ぽんぽこ』、1995年は『耳をすませば』、1997年は『もののけ姫』、1999年は『劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕』と、以上がその年の日本映画興行成績の最上位を記録している。, 2000年代になると、アニメなしでは日本映画は成り立たないとまで言われるほど、アニメ作品の比重が増加した。キネマ旬報によると、2002年度の日本映画の興行収入10位までの内6本がアニメで、1位と2位、4位、5位は全てアニメだった。ただし、2003年度は、アニメの本数は5本に減り、1位はアニメではなかった。またこれらアニメ映画のほとんどは『ポケットモンスター』に代表されるテレビアニメ番組の新作を映画にしたものである。

ノートパソコン B5サイズ おすすめ, アイリス フィール ヘブンズフィール, Google Play 開発者サービスの入手, 西武園ゆうえんち プール 子供, ゆず 虹 楽譜, 2020年 風水 ラッキーカラー 財布, コンパクトカー 女性 2020, ミニクーパー シガーソケット 使えない, マウス サイドボタン 設定, 知床 ホエールウォッチング 服装, 本籍 筆頭者 出生届, Iphone キーボード サイズ変更, 2000年代 ヒット曲 アルバム, 大阪メトロ 定期 区間外, 財布 経年変化 ブログ, イラレ 拡大縮小 ショートカット, 館山 バス 時刻表, セリア 店舗 大阪 梅田, 軽トラ エンジン 開け方, ヤフオク 自動入札 裏ワザ, Pdic 辞書データ ダウンロード, 職務経歴書 英語力 書き方, マイドキュメント 移動 戻す, 付け袖 半袖 作り方, Kpop 日本語 なぜ, ハロウィンイベント 2020 神戸, Pc 画面録画 長時間, 小学館の図鑑 Neo Pad 対象年齢, Jquery テキストファイル 読み込み 1行, 週2 30分 ウォーキング, プラダ 財布 男 イメージ, 探偵ナイトスクープ 動画 2017, ダースベイダー お 風呂,